バンド練習を見てきました。

3月4日(日)午後、エザルタード・サンバ・ブラスバンド(通称エザルタード)の練習を見学してきました。

エザルタードは、イベントなどでよくご一緒させてもらってますが、
たいへん経験豊富なバンドで、いつも踊りやすく安定した演奏をしています。

この日は、約一か月後(4月14日)に伊勢佐木町クロスストリートで行われる、
「サンバ・ヂ・ガフィエラ(Samba de Gafieira)」を踊る、ダンスイベントの練習です。

そのため、踊りやすいテンポ・リズムを重視した練習を行っていましが、
いつも通り、美しく安定したリズムとアンサンブルでした。

本番の演奏が楽しみです。

 
エザルタード・サンバ・ブラスバンドの練習の様子です。

 

同じ日の夜は、オルケストラ・サンバドール・パッサリーニョ(通称パニョ)の練習を見学してきました。
パニョも4月14日のイベントに出演します。

パニョは、2013年に大田区で行われたイベントがきっかけとなって出来たバンドですが、
その後数多くのステージなどに出演しています。

きょうも、4月14日に向けて、サンバ・ショーロ・ボサノバなど、
踊って楽しめるブラジル音楽の練習を行っていました。

使っている楽譜は、ブラジルの「ガフィエラ」で実際に演奏されているものを用いているということでした。

生演奏を聴いているだけでも楽しいものですが、
踊るとさらにいっそう楽しくまります。

4月14日のイベント楽しみです。

 

オルケストラ・サンバドール・パッサリーニョの練習の様子です。