レッスンの内容・進め方について

 

1.音楽を聴きながら動く

 

普段の生活ではあまりやらないが、ダンスを踊るにあたって出てくる動きに慣れることが大切です。

そこで、レッスンの最初には、以下のような内容を行います。

サンバ・ヂ・ガフィエラを踊るような音楽を聴きながら歩く。
普段やらないような動きをする。
例えば、

  • 後退する
  • 横に歩く
  • 回る
  • 後に移動する
  • 歩くテンポを変えながら歩く
  • 音楽と呼吸と動き練習
  • 音楽に呼吸を合わせる
  • 呼吸を意識しながら歩く

このようなことを行いながら、ウオーミングアップしていきます。

 

2.基本的な「型」を修得する

 

サンバ・ヂ・ガフィエラを踊るに必要な「型」を修得し、意識しなくても動けるようになることが大切です。

そこでレッスンにおいては、サンバ・ヂ・ガフィエラの「型」を練習します。

「型」と言っても、

  • 足型
  • 体の向き
  • 移動方向
  • 呼吸
  • その他

いろいろな要素があります。

これらを修得し、無意識に・スムーズに動けるよう練習します。

 

3.ペアワーク

 

ペアダンスを行うに必要なペアワークを行います。

まず基本的なペアワークとして、

  • リードして、相手に動いてもらう感覚を身につける
  • 相手にリードされて動く感覚を身につける

ための練習を行います。

これらは、「型」どおりに動いただけでは出来るようになりません。

リーダーにおいては、

  • こうリードしたら、相手はこのように動いてくれるだろう、という「仮説」
  • 実際にリードして、相手の動きを確認する「検証」
  • 当初の予想と実際の差を埋めるための「修正」

仮説〜検証〜修正のサイクルを繰り返すことで、リードが上達していきます。

フォローにおいては、

  • 思い込みや予想で動かない
  • 適度に抵抗しながらついていく
  • 転ばないように、足を出し続ける

といったことが大切になってきます。

サンバ・ヂ・ガフィエラでよく使うステップで、ペアワークを行いながら、
リード・フォローの感覚を身につけていきます。

 

4.応用練習

 

サンバ・ヂ・ガフィエラでよく使われるステップの練習を行います。

一つ一つのステップは、比較的短いカウントです。

その後、異なるステップへの繋ぎの練習を行います。

これらを、実際に音楽に乗って踊れるよう練習していきます。