Choro meets Ragtime

ブラジルを体表するショーロのグループ「Epoca de Ouro」が演奏するアルバムです。

Epoca de Ouro は、「Noites Cariocas(カリオカの夜)」などで有名な Jacob do Bandolim が創設したグループで、
多数のアルバムが発売されています。

最近(と言っても15年以上前ですが)では、「Cafe Brasil」が日本でも有名で、来日公演もありました。

このグループが、ラグタイムの名曲を、ショーロ形式で演奏しています。

 

収録曲は、

で、スコット・ジョプリンの名曲が数多く収録されています。

この中でも、「The Entertainer」は映画「スティング」のテーマ曲でもあり、特に有名です。

 

レッスンでは、この「The Entertainer」をよく使います。
この曲で、Samba de Gafieira を踊りたいから、というのは勿論ですが、

というのも、レッスンに使う理由です。